明日花キララ責任監修■美女誘引奴隷化セックス

例、ラブラブメール

>恋人同士のメールなどのやりとりでは絵文字が多用されたり、語尾が可愛くなっていたりちょっと他人には見せられないようないわゆるラブラブモードなメッセージを送る。
これは、他の友達などに送るのとは明らかに違う。恋人関係の人にだけ許されるような、特別なメッセージだ。

ラブラブモードなメールが、目当ての相手から送られてくれば相手もラブラブになりたい気持ちだろうから今後も順調に関係を続けていけば問題はないんだけど問題なのは、一人で先走ってしまって自分だけが、ラブラブメールを送ってしまっている時だ。
これは、非常に良くない。いや、良くないというよりもキモい。

相手もその気なら、こちらのメッセージの形に合わせて同じようなノリで返事が返ってきたりするものだが全く普通のメッセージが返って来たりする時はちょっと注意した方が良いだろう。

相手から同じテンションの返事が来ない時は「なんだかやだなあ」とか「距離感を保っておきたいなあ」って感じであなたの気持ちが重たく感じられている可能性が大きい。

なのでそれに気付かずラブラブメールを送り続けていると精神的にますます「重い」と感じるようになるので必然的に、相手からのメールは届かなくなる。
それどころか、返事すらも滞りがちになってしまうだろう。

くれぐれも先走りで焦ったりして一人で恋人気分になってしまわないように注意しよう。

TOP
(C)絶対モテるメール術