1日15分間で出来る mixi出会い量産技術

相手を癒すメール

>ここで重要なのは、意味がないけどなんとなくハッピーになれるメールだ。
つまり「天気が悪くて、じめじめするね」では駄目なのである。
「花屋に行ったら、珍しい華があった!」とか「美味しい食べ物発見!」とか、ポジティブなやつだ。

相手が乗り気なら、返事も返って来るだろうし日常会話的な、まったりとした内容のやりとりも続くだろう。
そういう、ちょっとハッピーになれるメールを一日に3通くらい送ってみるといい。
しばらく続けていれば、やがてそれが日常になる。そしてあなたのメールに癒されたりもしているはずだ。

それである日メールを送るのをピッタリとやめたりすれば相手は当然、気になったりする。
それで相手からメールがとどけば、良い感じなのは間違いない。
(戦略的になるのはあまりおすすめしない。
あなたの都合が悪くて、メールを遅れなかったりして自然とブランクが出来てしまった時に相手が不安になる事が理想だ。無理にメールを送ろうとしなければ、自然に良い間ができる。)
そうやって徐々にお互いの距離を縮めていけばいい。


注意
全く返事がなければ、迷惑と思われているのですぐにやめた方が良いだろう。
それから、返事があっても遠回しに「やめて」という意思表示を示す場合もあるのでそのあたりは気をつけよう。

TOP
(C)絶対モテるメール術